自動車教習所での免許の取得には公安委員会の指定と指定外の2種類がある

Car in

自動車教習所での免許の取得には公安委員会の指定と指定外の2種類がある

車の運転を行うには、免許の取得が法律で義務付けられています。ですからその為に自動車教習所での実技練習やペーパーテストの試験合格が必要です。そこから車の排気量によって、多様な種類の車の免許取得がありますし、自動二輪や四輪車等の種類での運転資格を取ることが出来ます。その自動車教習所には、その他に自動車学校やドラブスクール等の様に多くの呼び名が付けられていますが、公安委員会での指定された自動車教習所と指定外の2種類の教習所があります。その違いは、公安委員会の指定の自動車教習所で実技試験に合格すれば、本免許での実技の免除の特典が受けられます。つまり指定自動車教習所で、仮免許の取得が出来るのです。その後は運転試験所でのペーパー試験に合格すれば、運転資格の取得が出来ます。 しかし公安委員会の指定外ですと実技も一緒に運転試験場で、試験を受ける必要があります。その為に運転の経験がある人は、スピーディーに免許の取得が可能な公安委員会の指定外の種類である自動車教習所で実技の練習を行う人もいます。また直接に運転試験所で、教習所なしで免許の試験を受ける人もいるのです。

自動車教習所の内容について

自動車教習所とは、車の運転免許を取得したい人が通う教育施設になり、車を運転するのに必要な道路交通の知識や技術を、みにつける場所になります。
教習所によって、大型自動車や中型自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車などの教習や検定も行われています。自動車教習所の教育内容は、交通規則と安全知識を学ぶ学科教習と、運転技術を覚える技能教習のニ種類になります。
また技能教習の中でも、基礎の運転知識を学ぶ第一段階と、応用となる第二段階に分かれています。教習時間は一教習50分と決まっており、普通免許を取得するまで、学科教習26時限、技能教習34時限受ける必要があります。第一段階の学科教習をすべて受け、技能教習のみきわめに合格すると、終了検定になります。検定に合格したら、仮の運転免許証が発行されます。
そして第二段階の学科教習をすべて受け、技能教習のみきわめに合格すると、卒業検定になり路上検定が行われます。路上検定に合格すると、運転免許試験場へ行って、本免許学科試験に合格すれば、運転免許証が取得できるのです。
短期間で免許を取りたい方は、夏休みなど長いお休みの時に合宿という方法もあり、教習内容は同じなのにパック料金で安くすみ、最短スケジュールで教習してくれるので早く免許が取れるのです。その宿泊施設も、シングルルームなど希望通りの部屋に泊まれて、アフタースクールも充実していて、滞在しながら楽しく自動車免許が取得できます。

Favorite

初心者に向けたネットショップ教室も、定期的に開催しています。

福岡のネットショップ制作サービス

洗濯して、繰り返し使えるおしゃれマスク!

伊達マスク

サロン選びの参考に!

ブライダルエステ 札幌

[お客様に感動してほしい]という想いから技術と薬剤に一切妥協していません。

銀座 美容室

レンタルより安い極上のクオリティドレスをお届けいたします。

大人可愛いオーダードレス

Last update:2014/10/31


PAGE TOP

COPY RIGHT (C) Car in ALL RIGHT RESERVED